オーラのある人はなにが違う!好かれる圧倒的な存在感の作り方

shutterstock_400584907

一条美咲です。

オーラのある人は、その場所にいるだけで華やかで存在感があります。話しかけにくいオーラのある人、みんなの中心となるオーラのある人など…。独特の雰囲気を放ちながら、憧れの存在でもあります。オーラと言われても、簡単に出せる訳ではないですよね。

ギラギラさせてしまうと、かつてのヤンキーのような怖さを周囲に与えてしまいますが、優しさの中にある男らしい存在感を作り出すには、どうしたらいいのでしょうか。それでは、好かれるオーラのある人になるための心構えと作り方について、いくつかお話します。

相手を決して見下さない態度

オーラのある人は、嫌味を感じさせません。それでいて、相手に対しての敬意もしっかり持っている人こそ、まさにオーラのある人と言えるでしょう。なんでもデキる人ならば、俺様モードで周囲と接してもおかしくないのですが、好かれるオーラのある人は、どこかオーラの雰囲気や種類が違うのです。

俺様モードどころか、どんなにできない部下であっても、決して暴言を吐き捨てることもなく、同じ目線に立つことができ、自らが率先して一緒に歩んでいこうとする姿勢を持っています。

一人ではないという安心感が、人を結びつけるエネルギーとなって、魅力を引き出しているといえるでしょう。共に歩いていこうという温かさを秘めた雰囲気は、人柄を表すオーラのある人なのかもしれません。

 

さりげない気配りと優しさ

オーラのある人は、気配りを忘れません。周囲に対する細かな対応は、誰もがマネできないものです。この気配りは、常に周囲をチェックしながら行動していることの裏付けなのかもしれません。この優しさと気遣いができてこそ、オーラのある人になれるのではないでしょうか。

オーラのある人の行動をじっくり観察しながら、同じような対応ができるように、自らが動ける人になれる努力をします。このさりげない行動が、いつしか自分の糧となりますので、サポート役も完璧にこなせるというポジションになれるまで、ひたすら先読みの行動を心掛けましょう。しっかり観察ができていないと、ただの勘違いで周囲に迷惑をかけてしまうので気をつけなければいけません。

 

オーラのイメージも大切!

オーラのある人になりたいと思っていても、オーラの出し方がよくわからないですよね。怒りを覚えたときなどには、一気にエネルギーが一か所に集まりますので、怒っていると雰囲気から伝わるのですが、なんでもデキるあの存在感のあるオーラは、なかなか作り出せないものです。

どうしたらいいかわからないときには、オーラをイメージすることも大切です。なりたい自分をイメージしながら、思いを強く抱きます。このイメージトレーニングで、潜在意識に語り掛けていくのです。イメージを繰りかえすことで、どんどんできるオーラがつき始め、自分がオーラのある人だと錯覚させるのです。

人の脳は意識させることによって、動けるようになればできなかったこともできるようになっていくことがあります。洗脳や催眠療法のように本格的にとはいきませんが、自分自身のやる気にスイッチを入れましょう。いつしか錯覚ではなく、自分自身のオーラとなり、なんでもデキる人へとなっていくかもしれません。

オーラのある人はなにが違う!好かれる圧倒的な存在感の作り方-2

やっぱり経験が大事

オーラのある人に、なんでもできる秘訣を伺うと、「経験の積み重ね」という言葉が返ってくることがあります。オーラのある人だって、始めからオーラがあったわけではないのです。

オーラが自然と身に着いた、といった方が伝わりやすいかもしれませんね。簡単にオーラを作り出すことはできても、経験値が違えばオーラの大きさも違うのです。

やはり、良いことも悪いことも経験をしてきたからこそ、今の存在感があるといってもいいかもしれません。その経験がオーラのある人の存在を大きくしていったといってもいいでしょう。今は、たくさんの経験値を積むしかありませんので、とことん当たって砕ける精神で突き進んでいきましょう。

 

前向きでいることがオーラを作り出す一歩!

オーラのある人になるためには、日々勉強をすることです。そんなことを言われても・・・と、一瞬悩んでしまうかもしれませんが、前に進むための努力を惜しまない人が、最終的には本物のオーラを身につけることができるでしょう。

オーラがある人は、周囲に対して常に明るく前向きな存在感ではありませんか?どんなに暗い状況であっても、周囲を励ましながら自ら努力を怠らない姿を見せてくれるでしょう。

最後までどんなことがあっても手を抜かずに立ち向かう姿勢こそ、信頼できる姿であり大きなオーラを作り出せる勇気となります。

 

まとめ

オーラのある人になるためには、人生を楽しみながら挑戦していくことが大切です。前向きな目標を常に持ち続けていることで、あなただけのオーラを身に着けることができるでしょう。

キラキラと輝くオーラは、あなた自身の気持ちや経験でどんどん磨かれていくのです。ブレない自分でいることが、物事を見極めるポイントであり自分を信じることに繋がります。自分自身を誇らしく思えるようになった時こそ、誰もが認めるオーラのある人になっているのかもしれません。


ページ上部へ戻る