難しくなんかない!レイヤードコーデの着こなしテクをマスターしよう!

shutterstock_342722453-1.jpg

一条美咲です。

最近よく耳にする「レイヤードコーデ」ですが、簡単に言えば「重ね着」のことです。「重ね着なんて昔からあるじゃん」と思われるでしょうが、今トレンドとなっているのは特に縦のラインが強調されるレイヤードコーデなんです。

さて今期の秋冬もトレンドを意識するなら、縦のレイヤードコーデをマスターしましょう! 

縦のレイヤードとは?

何年か前までは腰パンを始めとするルーズなコーデが流行っていましたが、これは「横」を意識した着こなしがトレンドだったからです。しかし今はメンズファッションでもスリムなシルエットが主流となり、縦のラインを意識するようなアイテムが増えてきました。

縦のレイヤードの特徴は、トップスの裾部分がレイヤードになっていることで、必須アイテムは股が隠れるような長めのインナートップスです。基本はロング丈のカットソーにアウターやニットなどを着て裾をのぞかせる着こなしですが、夏は暑くてレイヤードコーデが難しかったので、これからが本番と言えますね。

また着膨れしがちな秋冬のコーデでも、縦ラインが強調されることで着やせ効果や背が高く見える効果も期待できますよ。

 

レイヤードコーデの定番アウター

レイヤードコーデを簡単に完成させるのに役立つのは「やや短めのアウター」と「やや裾丈の長いインナー」なので、アイテム別のおすすめコーデをご紹介しますね。

 

☆ライダースジャケット

ルードファッションの定番アウターは、やはり武骨で男らしいコーデがピッタリなので、ダメージデニムに白やグレーのロング丈カットソーを着てサラッと羽織りましょう。またオールブラックコーデでもカッコよくキマるので、黒のカットソーにブラックスキニーでも良いですが、カットソーの中にやや長めの白Tシャツを着て、少しだけ白いラインを覗かせるのも技ありコーデですよ。

 

☆スタジャン

カジュアルコーデの定番アウターは、少々キレイ目要素をプラスしてミックスコーデに仕上げましょう。ボタンダウンのシャツに白いスキニーパンツという清潔感溢れるコーデに羽織れば、自然にシャツの裾が少しだけ出るので、バランスの良いレイヤードコーデになりますね。

 

☆MA-1

リバイバルアイテムのMA-1ですが、着こなし方は完全に昔とは違います。最新コーデのお手本は、白のロング丈カットソーに黒のクラッシュスキニーというモノトーンコーデにプラスするレイヤードコーデですよ。

 

☆デニムジャケット

薄手のアウターなので、インナーにニットを着ると防寒性もありますし、メンズニットにあまり短めの丈はなくほとんどのニットがお尻あたりまでの丈になるのでレイヤードコーデも作りやすいでしょう。

白のケーブルニットやタートルネックのうえに羽織ればそれだけで完成しますが、さらにニットの下にやや長めのボーダーTシャツをきてチラッと裾から覗かせるとこなれた感じになりますね。

 

カジュアル派にオススメのレイヤードコーデ

カジュアル=ビッグシルエットというイメージが強いので、なかなかレイヤードにするのが難しそうですが、実はそうでもないんですよ。

例えば秋冬カジュアルの定番であるチェックシャツの上にトレーナーやニットを着て、裾を出すだけでもレイヤードコーデになりますね。また白Tシャツの上にボタン全開のチェックシャツやダンガリーシャツを着て、その上にやや短めのパーカーやミリタリージャケットを着てもバランス良く仕上がります。

難しくなんかない!レイヤードコーデの着こなしテクをマスターしよう!-1

ビジネスシーンでレイヤードコーデを楽しむには

最近は「ビジカジ」という少々ラフなスタイルで仕事をすることが許されている会社も増えていますが、商談や会議の時など少しかしこまったスタイルにしたい場合に取り入れたいのが、ベストを使ったレイヤードコーデです。例えば白Tシャツに白パンツにグレー系のニットベストを合わせてからネイビーのテーラードジャケットを羽織れば、Tシャツとベストがレイヤード感を出してくれますね。

スーツの場合でも、インナーをシャツ+ベストにしてメリハリを出すことで、縦のレイヤードが強調されてスリムなシルエットになりますよ。

 

インナーにレイヤードコーデを取り入れる

お洒落上級者になると、アウターとインナーでレイヤードを作るのではなく、アウターのロングコートとシャツの間にニットを挟んで、さりげなくインナーにレイヤードを取り入れます。

例えばチェックやストライプのシャツにアイボリーのニットを着て、白スキニーでレイヤードコーデを作ってからトレンチコートやチェスターコートを羽織ってさらに縦ラインを強調すると、かなりスタイルアップできますよ。

 

レイヤードコーデは秋冬の方が簡単に作れる!

巷では縦のレイヤードが簡単に作れる「ロングTシャツ+ビッグカットソー」がセットになって売られているように、トレンドでありながらポイントを押さえるまではなかなかコーデの仕方が難しいスタイルでもあります。

しかしコツさえ覚えれば手持ちのアイテムを活用できるようになるので、是非参考にしてみてくださいね。


ページ上部へ戻る