デートを断られた時に考えられる5つの理由

shutterstock_430016989-1.jpg

一条美咲です。

デートを断られてしまったら、もうこの恋は終わらせたほうがいいのかもしれないと酷く落ち込むことでしょう。やはり片思いの相手にデートを申し込むということ時点でかなりの気合と覚悟、そして勇気が必要になります。度胸も必要となるだけあって、断られてしまえばそれらの気持ちは簡単に砕け散って、残るのは自信喪失をした自分だけ。しかし何故デートに断られてしまったのかという原因を知っておかないと、もしかしたら今後女性をデートに誘う際には同じ過ちを犯してしまって再びデートを断られてしまうかもしれません。

今回はそんなデートに断られた時に考えられる理由について注目。デートに何故断られたのかを考えることによって、これからどのように行動して考えていけばいいか、ヒントを得ることが出来るかもしれません。 

 単純に都合が悪かった

デートを断られた時にまず考えるべきことは、単純に都合が悪かっただけではないかということです。デートを断られたということはかなりショッキングな出来事で、自分自身を追い詰めるように悪い点を考えてしまうものですが、もしかしたら都合が悪かっただけかもしれません。

その場合は必要以上に自分を卑下する必要はないので、相手から代わりの日を提案されるか待ってみたり、自分から別の日を提案して反応を見ていきましょう。

もし都合が悪いだけだったのにデートに断られたことがショックで自信喪失をしてしまえば、チャンスを掴んでいたのに自らの思い込みによって離してしまうことになります。デートに快く乗っていたのであれば脈ありの可能性も十分に考えられるので、デートに断られたらまずは都合が本当に悪かったのではないか?という可能性を考慮した上で理由を考えていきましょう。

 

恋人や気になる人がいるから

女性に恋人や気になる人がいる場合には、デートを断る可能性が高いと言えます。ましてや恋人がいる場合には、恋人以外の男性からのデートは断ることが当たり前のことなのでそこまで気に病む必要はありません。

女性に気になる相手がいる場合はその人を一途に思っているか、気になる人に誤解をされたくないという気持ちからデートを断っている可能性もあります。こちらも恋人がいる女性同様に、意中の相手以外からのデートのお誘いを断るのは当たり前のことなのでそこまで気に病む必要はありません。

もしデートと断られてしまった時には、女性に特別な相手がいないかを考えてみましょう。

 

まったく興味がないから

まったく興味がない相手とデートをする女性はよっぽどのモノ好きかもしれません。やはり興味がない相手とデートをするというものは神経を使うものですし、何よりも窮屈に感じる時間を過ごすというものです。デートをOKすると相手に期待を持たせてしまうことや思わせぶりな態度を取ってしまう可能性もあるため、まともな女性ならば丁重にデートをお断りすることでしょう。

もし女性にアピールをしてもなかなか脈ありの態度が見られないどころか、まったく相手にされないようであれば興味がないからこそデートを断った可能性も十分に考えられます。また女性とそれほど親しくもないのにデートに誘うというのも、興味がない以前の問題なのでまずは距離を縮めてからデートに誘うようにしましょう。

デートを断られた時に考えられる5つの理由-2

接し方が好きではないから

この人のことは嫌いではないけれど、自分自身への接し方が好きじゃない…ということでデートを断ることもあります。

例えば女性は男性の下心には敏感な人が多いので、男性が下心を持って日頃から接している場合には身の危険を感じてデートを断ることがあるでしょう。また周りを気にせずにベタベタとしてきたり、付き合ってもいないのに独占欲や嫉妬心を丸出しにしていたり。

とにかく接し方に対して問題がある場合には、デートを断られると言えます。一緒にいて恥ずかしいという思いだけでなく、自分自身が大きなストレスを感じることがある相手とデートをするはずはありません。

もし心当たりがある場合には女性への接し方を改めて考え直してみて、様子や時間をみてから改めて真面目な態度でデートに誘っていきましょう。

 

 楽しくなさそうだから

楽しくなさそうな相手とはデートをしたくないものです。やはり楽しくなさそうな時間を過ごすよりかは自分で楽しい時間を過ごしたほうがいいので、女性から楽しくなさそうだと思われていれば、デートを断られた原因になっている可能性もあるでしょう。

この場合はやはりこの人と一緒にいると楽しいと思われることが一番なので、日頃からのコミュニケーションを出来るだけ盛り上げるように努力をしていきましょう。他にも自己中心的な人や周りに横暴な態度を取っているような人の場合はデートをしていたも楽しくなさそう、一緒にいて疲れたり恥ずかしい思いをしそうという気持ちが勝ってしまうため、デートを断られてしまうことが多いと言えます。

 

 まとめ

デートを断られた時に考えられる5つの理由について注目をしてきました。デートを断れてしまう理由は大きくわけて2つのものがあります。

1つは本当にデートに誘われた日程の都合が悪かったというもので、これは仕方がないことです。しかしもう1つは二人の関係や自分の問題など、精神的な問題が原因となってデートを断られてしまうというものです。

後者の場合には自分自身、何か失敗をしていないかを改めて考え直す必要があります。アピール不足だったのかもしれませんし、自分自身の考え方や価値観が問題かもしれません。相性の良さを少しでも見せつけないとデートをすることは難しくなってしまうので、デートを断られた…とショックを受ける前にデートに誘う時点で今がそのタイミングかどうか見極めてからデートに誘うようにしましょう。


ページ上部へ戻る