社内恋愛のきっかけ作りは自分から!4つの気になる方法

shutterstock_407325712-1.jpg

一条美咲です。

社内恋愛のきっかけって身近なところに転がっていると言われますが、実際のところよくわかりませんよね。これがきっかけ?と気づいた時には手遅れだった・・・なんていう、苦い経験をした方もいることでしょう。

社内恋愛には憧れるけれど、上司や先輩がいるし、正直ムリだと諦めていませんか?きっかけは自分で作ればいいのです!気になる女性には、それとなく自分からきっかけを仕掛けていきましょう。ということで、社内恋愛のきっかけ作りをお伝えします! 

会話ができなくても挨拶だけは交わすこと

好きな人と同じ職場にいられるなんて、本当に毎日がうれしいことですよね。意識してしまうと、言葉がでないという方もいるでしょう。会話ができなくても、印象を相手に与えるという意味では、挨拶だけは交わせるように努力してください。

挨拶ができない人は仕事もできない人という悪い印象を与えてしまいます。それどころか、話すきっかけを失くしてしまうのです。ですから、挨拶はとても重要であり、社内恋愛の第一歩となるきっかけになるでしょう。

 

協力者を募る!

一人できっかけを作るのは、正直難しいですよね。急にきっかけ作りに奮闘している姿をみたら、仲のいい先輩や同僚は、恐らく怪しむはずです。怪しまれるくらいなら、はじめに相談をして味方になってもらいましょう。一人よりも数倍、社内恋愛に近づくはずです。

社内恋愛には協力者が不可欠となります。きっかけ作りも不自然になりにくく、ありがたいアドバイスもたくさんしてくれることでしょう。

 

飲み会では近くの席を常に陣取る

社内恋愛のきっかけは、やはり一緒の時間を過ごすことです。同じ空間にいることが、なによりのきっかけになるのではないでしょうか。

職場の飲み会では、気になる女性のすぐ横か前に座りましょう。会話しやすい位置にいることで、周囲に気兼ねなく自然な会話へと流れを作ります。ここで、情報を集めることによって、彼女のことを知ることができるでしょう。慣れて会話が弾むようになってからLINE交換を試みてもいいかもしれません。

社内恋愛のきっかけ作りは自分から!4つの気になる方法-2

仕事中は感謝の言葉を忘れずに

社内恋愛のきっかけは、ちょっとした一言から・・・なんていうことを耳にしたことがあります。仕事でお願いしたことがあれば、必ずお礼と相手がうれしくなる言葉を投げ掛けてみましょう。これだけで、相手の心の奥に響かせる何かが生まれます。やはり、どんなときでも心から「ありがとう」と言ってもらえると、うれしくなりますよね。

このように、普段なかなか言えない言葉を投げ掛けるだけで、モチベーションもあがり、もっと関わってみたいと相手に思わせるきっかけを与えることになります。

 

まとめ

社内恋愛はきっかけさえ見つかれば、あっという間に恋人同士になれる可能性が最も高く、進展がなければただの仕事仲間という悲しい結果になります。ガツガツ攻めていくと、相手との仕事に支障をきたすことがありますので、相手の性格と雰囲気をよく知ってから、慎重にきっかけ作りに励みましょう。

手ごたえを感じるまでの期間は、気持ち的にも凹む瞬間が訪れるかもしれません。しかし、諦めないことが社内恋愛を成功させるコツなのです!そのためにも、職場でのイメージアップも意識し、仕事もできる男へと変わっていけるようにがんばっていきましょう。


ページ上部へ戻る