チェックシャツのカギを握るのはサイズ感とコーディネート!

8f98cd8c5c3f111825da4da086653d8b-1.jpg

一条美咲です。

誰でも1枚は必ず持っているチェックシャツですが、周りと差をつけるにはサイズ感と着こなし方が大きなポイントです。今回は定番アイテムであるチェックシャツをいかに今年っぽく着こなすかについてまとめてみました。

サイズ感ですべてが決まる!

チェックシャツはサイズ感で印象が全く違ってくるアイテムです。小さめサイズだと無理して着ている感が出てしまいますし、逆に大きめだとだらしない印象になってしまうので、自分に合ったジャストサイズを着ることが一番のポイントと言えるでしょう。

選び方としてはシャツの肩のラインが実際の肩よりも内側にくることと、脇から腹部にかけてのラインがピッタリであることです。

 

チェックの種類と印象

チェックと言っても様々な種類がありますが、それぞれの印象も変わってきます。

☆ギンガムチェック

白と白以外の1色で構成されて、縦と横が一定の間隔になった格子柄です。若さや爽やかさを前面に出したい場合に活躍しますよ。

☆タータンチェック

タータンチェックには様々な種類があります。代表的なのは赤とグリーンを基調としたロイヤルスチュアートチェックですが、他にもブラックウォッチチェックやバーバリーチェックもタータンチェックの1種になります。華やかな印象がありますが、とはいえ気取っているわけでもないのでコーデが上品にまとまるでしょう。

☆マドラスチェック

インドのマドラス地方で作られ、草木染だったことから淡いカラーを使用しているのが特徴です。淡い色の太い線と細い線が不規則に交差して、涼しげな印象になるので、夏にオススメのチェックですね。

☆ブロックチェック

太いラインが交差して正方形の格子柄になっているチェックで、フランネルシャツの定番となっています。こちらは温かみを感じるチェックなので、寒い季節に活躍するでしょう。

☆グラフチェック

方眼用紙のように細かい格子模様で、遠くから見ると無地と勘違いしてしまいそうなチェックです。ワイシャツなどに多いことからもわかるように、さりげなくチェックを取り入れることで知的でソフトな印象になりますよ。

 

ジャケットと合わせてキュートに仕上げる

特にイタリア人男性はテーラードジャケットにチェックシャツを合わせた遊び心溢れるコーデを好みます。なかなか勇気があるコーデですが、まずはモノトーンのチェックシャツにネイビーやベージュのジャケットというコーデから始めてみて下さい。ボタンを1つ開けてラフに着るのも良いですし、ニットネクタイなどカジュアル色の強いネクタイを合わせるのも素敵ですよ。

 

ニットと合わせて爽やかコーデ

薄手のチェックシャツを丸首やVネックニットのインナーに着れば、品の良いカジュアルスタイルが完成します。至って普通のコーデなので、お洒落度をアップさせるのはやはり色使いでしょう。

例えばネイビーのギンガムチェックにネイビーやグリーンのニット、マルチカラーのチェックシャツにピンクやオレンジといったビビットカラーのニットなど、明るい色を取り入れるだけで野暮ったさがなくなりますよ。そして一番重要なポイントは、襟、袖、裾の3ポイントからシャツを程よく覗かせることです。鏡の前で比べてみるとよくわかりますが、これがあるのと無いのとではかなり印象的に変わりますよ。

 

チェックシャツでキレイ目カジュアル

最近流行りのキレイ目カジュアルコーデにもチャックシャツは重宝します。スキニーや細身のデニムにチャックシャツを合わせて、ロールアップした足元にローファーやモンクストラップなど品の良い靴を履けば、今年風のシルエットに仕上がりますね。シャツのボタンは全部留めて、アウターが必要な場合はカーディガン、バッグはリュックの両方掛けがオススメですよ。

チェックシャツのカギを握るのはサイズ感とコーディネート!-2

白パンツでこなれた雰囲気に

1年中活躍する白パンツは、もちろんチェックシャツとの相性も抜群です。通常のボトムだと少々重たくなってしまう大き目のチェックでも、白パンツなら不思議と爽やかでお洒落にまとまります。ほんの少しでも良いのでチェックに白が使われているかどうかでバランスがとれるので、白パンツと合わせる場合はカラーが要注意ですね。

 

腰巻きテクニックも忘れずに!

チェックシャツは着るだけではなく小物として使うこともできます。特に無地コーデのアクセントとして重宝するのが、チェックシャツの腰巻ですよね。

革ジャンにデニムといったシンプルコーデにプラスしたり、スウェットパンツにニットといったダラッとしがちなコーデにメリハリを与えてくれる効果もあります。しかしただ手持ちのチェックシャツを巻けば良いというわけではなく、色合いや質感はキチンと合わせるようにしましょう。

 

王道のチェックシャツだからこそ丁寧に着こなそう!

一歩間違えば小学生のようになってしまうチェックシャツですが、大人のカッコいい着こなし方さえマスターすれば勝負アイテムとしても十分に通用します。

自分にピッタリサイズのチェックシャツをゲットして、様々な着こなしを楽しんでくださいね。


ページ上部へ戻る