男のモテ顔はスキンケアから!魅せるオトコを作り出す5つの美学とは

72094d1fcc494b0e5bf0810b624ad552-1.jpg

一条美咲です。

男性のモテ顔といわれても、男女のイメージするモテ顔には、多少のズレが生じます。男性から見て、明らかにモテ顔ではない人なのに、超絶美人な彼女がいたりなぜかモテている・・・ということがありますよね。反対に、モテ顔だと思っている男性に限って、彼女がいつまでたってもできなかったり、女性が近寄らなったり・・・という現象も遭遇したことがあるでしょう。

モテ顔は、価値観があって定義が難しいのですが、男性が女性に求めるモテ顔と同じように、女性が男性に求めるモテ顔も存在します!それでは、女性が求める男性のモテ顔についてお話ししましょう。 

イケメンだけがモテ顔ではない

モテ顔=イケメンと思われがちですが、イケメンだからモテ顔というわけではありません。カッコよく見せる努力をしている、または自分の良さを活かしたスタイルに成功しているからイケメンに見えている・・・というだけのことなのです。ヘアスタイルやカラーを変えただけでも印象が変わり、急にモテたという方も・・・。イケメンになれるコツを、知ることから始めましょう。美容師さんと相談してもいいかもしれません。

モテ顔は自分自身で演出することで、顔のパーツを上手く引き出すことが可能となり、自信にも繋がっていきます。そして、雰囲気からモテ顔へと作り出されていくでしょう。

 

スキンケアで男の美肌

男性のモテ顔は女性と同様、「肌」で決まります。肌が汚いだけで、女性の視線も変わってしまうのです。モテ顔になるためには、常に清潔感が求められているということを意識しておくといいかもしれません。

男性も肌のスキンケアをきちんと行うと、美意識が生まれてくるので、次第に清潔感もアップしていきます。肌が綺麗になるのが実感できると、顔パックや化粧水なども女性より、こだわりを持つようになっていくかもしれません。ヘルシージュースなども肌にいいので、女性と共通の話題が増えるようになります。

しかし、露骨に女性の前でスキンケアを徹底的に行っていることは伏せておきましょう。女性によっては、自分より男性の方が美にくわしくこだわりを持つなんて・・・と嫌悪感を持つ場合と、裏の努力話はイメージもあるため聞きたくないと思う人もいるのです。影の努力は、表に出さないように、ひっそりお手入れしましょう。

 

女顔は中性的で破壊力抜群のモテ顔

男性が求めるワイルドなモテ顔も素敵ですが、女性顔の男性にスポットが当たるようになり、中性的な魅力のモテ顔にも注目が集まっています。かわいく見せる男性なんて男じゃない!と否定したくなる男性もいるかもしれませんが、女性が求めるモテ顔の特徴が多く含まれているため、人気があるのです。

自分のコンプレックスの部分をメイクでカバーしたり、女性モノの服で表現するところが、女性の気持ちを共感させています。恥ずかしさを捨てることが、モテ顔のポイントです。女性らしい自分の顔を最大の武器にしたモテ顔は、女性にモテないわけがありません。

男のモテ顔はスキンケアから!魅せるオトコを作り出す5つの美学とは-2

髭、眉はきれいに整える

男性のモテ顔で残念なのが、放置過ぎた無法地帯の眉と髭です。ヘアスタイルや服装は、しっかりチェックするのに、眉と髭はあまりお手入れをしないという男性が意外と多く、女性から見るととても残念に感じることがあります。おしゃれで髭を生やしているのか、ただの剃り忘れなのか・・・。中途半端なモテ顔では、女性も反応に困ってしまいます。モテたいという気持ちで、髭を伸ばしているのであれば、毎日のお手入れを欠かしてはいけません。

眉も髭は、大切な顔の一部ということを意識しましょう。眉のカットの仕方では、顔の印象も違って見えますので、さらに今以上にモテ顔になる可能性も高くなります。

 

男も顔のバランスが大事

左右対称の顔がモテると言われていますが、実際に顔のパーツが対象の人の方が少ないかもしれません。しかし、ヘアスタイルでカバーすることもモテ顔になるためのポイントです。じっくり顔のパーツを見ることもないとは思いますが、歯の矯正や整体で骨格を左右対称にすることもおすすめします。

女性と同様、顔のリンパマッサージも効果があります。エステに通う男性も多くいますので、磨きをかけるという意味では、そろそろ始動する時期なのかもしれません。鏡で自分の顔を見るときに、左右対称の顔かチェックしてみましょう。

 

まとめ

モテ顔は、自分で作ることや見せることができます。自分はモテ顔じゃないから無理・・・なんて思っていては、何も変わることはできません。今の自分を変えるきっかけは、すべてあなた自身の中にあります。

スキンケアは、日頃のストレス発散にもなりますし、肌荒れやゴワゴワの髪の状態では、せっかくの素材も台無しです。自分に酔ってしまうような、美意識はナルシストにしかなりませんので、気をつけなければいけません。まずは、内側からモテ要素を取り入れる努力をし、自然に見せるモテ顔を目指しましょう。


ページ上部へ戻る