デートの3回目が分かれ目!関係を進展させるために必要な5つのこと

ee94230d11cec289f19c41ed9c3deecc-1.jpg

一条美咲です。

デートの3回目ともなると、そろそろ関係を進展させたいと考える頃合いでもあります。男性にとって、あまりダラダラと付き合っていくのは、女性から遊び目的だと思われてしまうこともあれば、男らしくない、意気地なしと思われることもあるため、3回目のデートでは二人の関係を進展させたいものです。

そこで今回はデートの3回目で関係を進展させるために必要なことについて5つのことを紹介。二人の今後を左右する分岐点でもある3回目のデートを成功させるための秘訣について注目をしていきましょう。

 次のデートの話題を出すこと

3回目のデートで告白をしなければ、二人が付き合うことは難しいということも言われています。3回もデートをすれば相手が脈ありだと思ってもいいものですが、それでも勇気が出ない人はなんとなく次のデートの話題を出してみましょう。

「◯◯に行ってみたい」という提案に対して、好意的な反応が返ってくれば脈ありの可能性はあります。ただあまり興味がなさそうなのであれば、相手はデートではなく単純に男友達と遊んでいるという感覚で一緒にいる可能性があるので、少し様子を観たほうがいいかもしれません。

 

相手の気持ちを信じること

3回目のデートというのは、少なからずお互いに意識をしあっていると感じていることが多くあります。つまり、3回目のデートでは相手の女性も好意を抱いてデートをしているわけであり、嫌な気持ちや嫌いという感情を持って接していないことはわかります。

告白をするというのは勇気がいるものですし、相手の好意を感じていても失敗をするときは失敗をします。しかし相手はデートをすることに対して嫌な気持ちを抱いているわけではなく、もしかしたら男性からの告白を待ち望んでいる可能性もあります。3回目のデートはそろそろ進展したいと考えている人も多く、告白をされなかったら諦めよう…と考える女性も少なくないので、相手も少なからず自分のことが好きだという自信を持って告白をしましょう。

 

必ず告白をするという覚悟

よっぽどのことがない限り、3回目のデートでは告白をしたほうがいいでしょう。3回目で告白をされなかったら諦める、幻滅をするという女性も多いので、男らしさを見せつけるためにも3回目のデートでは告白を必ずしましょう。

必ず告白をするという覚悟がないと、直前になって怖気づいてしまい告白が出来なくなってしまうこともあります。そうなってくるといつになっても告白をすることは難しくなってしまうので、3回目のデートが決まった瞬間から告白をするという覚悟を持つようにしましょう。

 

告白をするタイミングを考える

3回目のデートで告白をする人は多くいるため、3回目のデートが決まった瞬間から相手の女性も告白をされるかもしれないという覚悟を持って来ていると言えます。

しかしデートのプランによっては、告白をするタイミングはバラバラなので、自分のデートプランに沿った告白のタイミングを計画する必要があります。また、告白は必ずすると決めたのであれば、プランが狂った時のことを考えて、いくつかデートプランを考えておくと安心です。

屋内、屋外、天候などのことを考えて、デートプランと告白のタイミングを用意しておきましょう。

 

告白が出来なかったら次はないと思うこと

だいたい3回目のデートは、今後この人と付き合っていくかどうかという分岐点として考えています。特に女性の場合は、告白されたいと思っている人も多いので、デートをすると決まった時から告白をされるかもしれないという気持ちを持って男性を見ます。

しかし付き合ってもいなく、しかも片思いをしているわけでもないのであれば、3回目のデートで何もなくズルズルとした関係を続ける男性には呆れてしまいますし、他の男性にシフト・チェンジします。後から言い寄っても、気持ちが完全に切り替わった女性を振り向かせるのはなかなか骨が折れることなので、3回目のデートで告白が出来なかったら、女性から愛想を尽かされると思っておくようにしましょう。

 

まとめ

3回目のデートは、良い方向にも悪い方向にも告白1つで変わると言えます。告白が出来なければ愛想を尽かされてしまい、今までの努力が水の泡になることもあります。

なかには2回目のデートで進展したかった…と考える女性も少なくないので、よほどのことがない限りは3回目のデートで告白をして、関係を進展させていきましょう。


ページ上部へ戻る