自信をつけるために必要な5つの考え方

69e2dbad320495bf259bdb6ad997409a-1.jpg

一条美咲です。

自信をつけるというのは、簡単なようでいて難しいものです。自信というのは、ついていると思っていてもいざ自信が必要な時には、急になくなってしまうもの。そのため心から自信を持つというのは難しいものなのです。

しかし生きていると自信が必要になる場面は必要になるもの。自信がないという人にとっては大きなハードルとなるものの、その時に備えて自信を持ちたいと考える人は少なくないでしょう。

今回はそんな自信をつけるために必要な5つの考え方を紹介。自信がない人、自信を持っているけれど不安な人は、考え方に注目して自信をつけてみましょう。 

 苦手なことは苦手でいい

自信がない人は、とても不器用な人でもあります。自信をつけると心に決めたとしても、そんな不器用な性格のせいで複雑に物事を考えてしまい、自信をつけることを妨害してしまうこともあります。

自信がない人は、何でもやらなければならない、オールマイティに拘る特徴がありますが、人には得意不得意があります。苦手なことを克服しようとするのは良いものですが、それは自信がないということには関係がありません。

苦手なことも多いし自信がないという考えを持つのであれば、苦手なものは苦手なんだから仕方がないと割り切ってみると、本当に自信がある部分だけを見つめることが出来ます。

 

結果が出ているならそれが全て

自信をつけると思っていてもなかなか出来ないのは、本当に自分が自信を持っていいか不安になるからだと言えます。自信というのは胸を張って持つものであり、それはとても度胸がいることかもしれません。自信があるのに失敗をしたらどうしよう、というのは自信が持てない人が抱く不安だと言えます。

しかし、自信を持とうと思った事柄に関して、過去に何か成功を収めていたり、他人から認められていることがあるのであればそれが結果であり全てです。人は失敗をするものであり、完璧はありません。そのため犯してもいない失敗を怯えるよりも、すでに結果が出ている事柄に対して胸を張るほうが何倍も自分の為になるでしょう。

 

頼られるのは実力がある証拠

他人から頼られるというのは、その力を買われているということになります。力を他人に認めてもらうということは、十分に自信を持ってもいいことなので、自信をつけると考える人は、他人から何か頼られたことがあるか振り返ってみましょう。

時には誰でも良い事柄を頼られることもあるかもしれません。しかし頼られたことをこなせたということは、紛れも無い事実であり力なのです。自信をつけることが出来ない人は、そういった小さな事柄でも「出来た」ということを認めていって、自信を積み重ねていくといいでしょう。

 

 卑屈な考えは身を滅ぼす

自信がない人は、少し卑屈な考えを持っている人もいます。自分は自信をつけられるほど立派ではないとか、大したことは出来ないとか。周りへの劣等感や他人と比べることによって、卑屈な考えで自分を貶めているのです。

しかし自分を無下にするようでは、自信はいくら経ってもつきません。自信をつけるというのは、自分がやってきたこと、成功してきたことなど、結果が全てなのです。しかし結果が出ているのに不必要に卑屈な考えをするのは、出来ていたことを出来なくしてしまう原因にもなるので、注意をしましょう。

 

他人は他人、自分は自分

自信をつけるためには、自分は自分だと割り切る必要があります。自信がない人のよく言うセリフには、他人と比べる言葉が多くあります。◯◯よりも自分はどうだから、自信なんて持てるはずがない。

しかし、同じく生まれて同じ考えを持って、同じ経験をして育ってきたわけではないので、他人と自分の実力を比べるのはそもそもお門違いのこと。自信は、自分が出来たこと、他人に認められたことの証なので、他人を抜きにして自分がどう感じているのかを見つめなおしてみると、自信をつけることが出来るでしょう。

 

まとめ

自信をつけると意気込む人の多くは、自分に自信がない人がほとんどかもしれません。しかし人には向き不向きがあるように、長所短所がありますし、考え方も違います。他人と比べて自分の自信を喪失させているのであれば、自分自身を見つめなおさないと自信をつけることは出来ません。

自信をつけるのであれば、今回注目した5つの考え方や自分の周りの人の意見や今までの経験を振り返って、何に対して自信を持つべきかということを深く考えてみましょう。自信は誰もが持つことの出来るものなのです。


ページ上部へ戻る