薄毛に効く食事で髪をふさふさにする技とは?

0893be05f4e1856b601cf991c30385ef-1.jpg

一条美咲です。

薄毛に効く食事方法で悩みを解消しませんか。髪が薄くなると年齢も老けてみえる原因。せっかくオシャレをしても薄毛では恰好よく見えませんよね。

薄毛は食事を見直して頭皮に良い栄養を補うことが重要です。早速その方法についてご紹介しましょう。 

抜け毛を予防する食べ物 

薄毛の食事は栄養補給の目的があります。髪を作る成分、頭皮のバランスを整える栄養素など様々な栄養の元になる食事をバランスよく摂ることが基本。

まず最初に知っておきたいのが亜鉛。亜鉛は男性の生命維持、そして男性ホルモンや精子を作る栄養素。最後に残った分が髪の組織作りに使われています。そのため亜鉛が不足すると髪が抜けやすくなるため、薄毛の食事では亜鉛が多く含まれた食品、レバー、ウナギ、牡蠣、納豆、海藻類などがオススメ。

しかし亜鉛は過剰摂取すると体に負担になる可能性もありますので、サプリで摂取する場合には量に注意しましょう。

 

たんぱく質 

髪にはわかめなどの海藻が良いと昔から言われていますが、海藻類は美髪にする働きがあるため、薄毛改善の食事では髪の素になるたんぱく質を積極的に摂取しましょう。

食事で摂取しないと補充されないアミノ酸もありますので、薄毛の食事では肉類の動物性たんぱく質、大豆などの豆類の植物性たんぱく質がオススメ。

特に大豆は成分のイソフラボンがホルモンを安定させる働きがありますので、豆腐や豆乳などの食品は薄毛の食事に最適。食物線維も多い為、便秘の解消にもなりますね。薄毛を食事で改善する為には時間がかかりますが、食生活を根本的に見直して健康的な栄養補給を日常的に行いましょう。

 

ビタミン類 

ビタミン類は薄毛の食事で重要な役割を持っています。特にビタミンB群は、毛母細胞の細胞分裂を活発にし、新陳代謝を活性化する働きがあります。

頭皮がべたつく方、オイリー肌タイプの方にはビタミンB2とビタミンB6がオススメ。皮脂の分泌を整えて、頭皮を健康に保ちます。

薄毛の食事でオススメなものはレバー、卵、緑黄色野菜、マグロ、サバ、ナッツ類、豆類など。また抗酸化作用の高いビタミンCやビタミンEも加齢による抜け毛などを予防する効果がありますので、年齢が気になる方にも効果的。活性酸素が体内で老けると薄毛になりやすいといわれています。

 

注意したい食生活 

薄毛によい食事は色々ありますが、同時に頭皮に悪い食事にも注意したいですね。添加物が多い食べ物は皮脂が過剰に分泌される原因。フケやかゆみが起こる要因になります。

また習慣的な飲酒はアルコール成分を体内で分解するために、髪に必要な栄養素を使ってしまいます。タバコも同様にニコチンは血行を悪くする為、頭皮に十分な栄養が行きわたらない恐れがありますよ。

このように、薄毛の食事は、頭皮に必要な栄養素を増やし悪い環境を減らしていくことが大切。頭皮マッサージをしている方は、食事を改善するとさらに効果的な薄毛ケアができますよ。

 

まとめ

薄毛に効く食事はバランスよく1日3回食べること。生活習慣が不規則になったり睡眠不足、運動不足なども頭皮環境が不安定になる原因ですよ。

健康的な生活を送ることが、髪をふさふさにする秘訣。早速薄毛に効く食事を始め、髪のコンプレックスを改善しましょう。


ページ上部へ戻る