男女の友情を成立させるために必要な5つの心構え

741d219520f3b509f04a12242ea872b0-1.jpg

一条美咲です。

男女の友情は成立するのか、それともしないのか。永遠の難題として、昔から討論されている議題でもあります。男女の友情を成立させるのは難しいと言われているのが、男女間での考えや価値観の違いであったり、恋愛対象になってしまう可能性などを考慮して。

しかしもし男女の友情を成立させることが出来るのであれば、お互いにとっての良い刺激となり、そして良き友人としてずっと付き合っていくことも出来るでしょう。今回は男女の友情を成立させたい人のために、男女の友情を成立させるために必要な心構えを5つ紹介していきます。 

 恋愛感情を持たない

男女の友情を成立させるために最も大切なことは、恋愛感情をお互い持たないということ。しかし恋愛感情というものは、持とうと思って持つものでもなく、気付いたら芽生えているものなので、そうなった時には友情は諦めましょう。

お互い恋愛感情を一切持っていないことが、男女の友情を成立させるためには必要なこと。恋愛感情を持っていると必ず付き合いの中で無理が生じてしまい、結局男女の揉め事へと発展していきます。自分も持っていない、相手も持っていないと断言出来るくらいの二人ならば、男女の友情を築くのも問題はないでしょう。

 

周りに勧められても動じない

世間一般的に、男女が二人で仲良くしていると「付き合っているのかも」という噂は立つものですし、それを否定し続けたとしても「お似合いなのに」「どっちかが好きなのでは?」と周囲は噂をし続けます。

やがてその噂は自分の耳に堂々と入ることになったりして「お似合いだから付き合えばいいのに!」なんてことを勧められることもあるでしょう。人は周りからの影響に対してまんざらでもないと感じてしまうと、意識をそちらに向かせてしまうこともありますが、たとえ周りに勧められても「自分たちはそういう関係ではない」と関係をブレさせない意思も必要です。

 

ボーダーラインは決めておく

いくら友情とは言えど、男女ともなると同性の友情とは違うものです。何をきっかけに異性として意識をするかはわかりませんし、それが恋愛感情であるとも限りません。

そのため、男女の友情を大事にするのであれば、いくら友情であってもやっていいこととダメなところのボーダーラインは決めておきましょう。必要以上のボディタッチは友情としておかしく、異性として意識をさせてしまう可能性が高くなりますし、手を繋ぐ、キスをする、一緒に寝るなんてことは言語道断です。

いくら男女の友情と言えど、男女である限りいつその壁が壊れてもおかしくはないので、異性として意識してしまう可能性があるものは絶対にやらないようにしましょう。

 

思いやりや礼儀は大事にする

一緒にいるとお互いに対して気を許すようになり、いつの間にか思いやりや礼儀がなくなりがちになります。同性同士であれば考えていることはわかるものですが、男女間では相手の考えていることや行動の意味を深く考えてしまい、悩んでしまいます。その悩みの深さから、一日中相手のことを考えてしまい、結果的に恋愛感情と錯覚をして関係がこじれてしまうこともありえるのです。

親しき仲に礼儀ありというのは、男女だからということは関係なく誰に対しても大切なことではあるものの、誤解をしやすい男女だからこその思いやりや礼儀は大事にして、恋愛ではないので駆け引きなんてことは絶対にやめて、真っ直ぐな気持ちで付き合うことが大切です。

 

恋の邪魔をしない

男女の友情が成立をしている中で、なかなか困るのがお互いやどちらかに恋人が出来た時のこと。自分たちは友達だと言いはっても、恋人にしては恋人が異性としか仲良くしていないようにしか見えないので、どちらかに恋人が出来た時にはつきあい方はシンプルにするようにして、疑われるようなことをしないようにしましょう。

友人の恋愛を邪魔しないというのは同性でも言えることなので、誤解をしやすい立場であるということをしっかりとわかった上で接していくことが大切です。常に連絡を取り合っていないと寂しい、恋人に取られたくないと思うのであればそれはもう友情ではないので、恋愛として考えるようにしましょう。

 

まとめ

男女の友情は成立するまでも大変ですが、友情を続けていくことも大切です。同性の友達のように接しつつも、男女ということを考えた上で誤解を与えないように接する必要があるので、普通の友情よりも複雑で面倒くさいとも言えます。

しかし、変に男女の友情だと意識をしてしまうと、逆に恋愛感情を抱いてしまうこともありえるので、あまり男女の友情と深く考えずに友達として接していくと、自然と男女の友情が結ばれているかもしれませんね。


ページ上部へ戻る