くせ毛でも悩まない!ヘアスタイルをかっこよくキメるポイント

f83647144fe2d910610c769f9d82c2ab-1.jpg

一条美咲です。

くせ毛の男性は意外多く、髪質も硬い人が多いためヘアスタイルに悩む場合もあるでしょう。ヘアスタイルはカッコよく見せるための決め手でもあるため、どうにかしたいところ。

今回は、そんなくせ毛さんに向けたスタイリング術のポイントをお伝えしましょう。明日からすぐ試せる方法ですよ。

 

くせ毛は髪の保湿が重要

くせ毛の髪は、水分の保持が難しくパサパサになりがち。そのため、ヘアスタイルがきれいにまとまらないこともしばしば。

それを解決するために、スタイリング以前に髪の保湿をすることに注目しましょう。しっかり保湿がされた髪なら、くせ毛のパサつきや広がりが抑えられるだけでなく、ウエーブを活かしたヘアスタイルが可能です。

髪の潤いを保つためには、洗浄力が強く脱脂されすぎるシャンプーは避け、トリートメントをしっかりとして水分を閉じ込める作業をしておくこと。

男性は髪が短い場合が多く、リンスすらしないという人もいますが、髪の水分は蒸発しやすいもの。くせ毛のパサつきを抑えるために、トリートメントは重要な役割を果たします。また、コーティングがされていることで、外からの水分も含みにくくなるため、湿気の多い日に広がってしまうのを防ぐことが可能なのです。

 

スタイリング前の乾かし方も重要

髪は、水分がなくなり乾く瞬間に形が決まる構造になっています。ブローしながらブラシなどに髪を巻きつけクセやカールをつけるのは、このシステムを利用しているのです。

どんな髪でも、乾く瞬間に形を整えることができるはず。くせ毛のヘアスタイルを整えるには、乾かす時が重要なのです。そのため、朝髪を濡らしてブローするのがベストと言えますが、夜の洗髪後にも乾かしながら整えておくと、朝のスタイリングが楽になることもあるでしょう。

髪の水分が蒸発するのを抑えるために、洗い流さないトリートメントやヘアオイルなどで保護してから乾かすのもおすすめです。

 

くせ毛の男性のヘアスタイル

男性なら、くせ毛が気になる場合、ヘアスタイルはベリーショートにするのが一番と言われています。短ければ確実にクセの影響を受けにくいでしょう。

ベリーショートにしても、トップにボリュームを持たせ少しウェーブを残したり、サイドを刈り上げたツーブロックやソフトモヒカンに近いヘアスタイルもおすすめです。

ツーブロックは特に、ボリューム感を調整するのに役立つヘアスタイル。くせ毛のボリュームが出過ぎるのを抑えるためにも効果的でしょう。

ベリーショートにせずに、ミディアムヘアにしたとしても、サイドの内側を刈り上げていることで程よくタイトに仕上げることも可能です。

 

くせ毛を活かすスタイリングとは

ヘアスタイルを整えるために使うのがスタイリング剤。くせ毛でも直毛でも、男性には欠かせないものでもありますよね。

くせ毛のパサつきを感じさせないスタイリング剤としておすすめなのが、ウェット感が出せるグリースタイプ。潤いを感じさせながらスタイルをキープできるため、くせ毛のデメリットをカバーできると考えられます。

ツヤ感を抑えるために、通常のワックスと合わせて使用するのもおすすめでしょう。毛先に多めに使用してパサつきを抑えたり、セット力をアップさせるのも良い方法ですね。

 

まとめ

くせ毛の人は、ストレートパーマなどで髪を矯正したヘアスタイルを考えることもあると思いますが、髪が傷めば男性でも魅力的ではありません。

欠点と感じることも理解して活かすのがデキる男。自分のことをよく知っている人は、周囲の人へのアピールも上手です。ヘアスタイルひとつでもその行動力は変わってくるものですから、ぜひ自分の最善のヘアスタイルを確立してくださいね。


ページ上部へ戻る