LINEでデートに誘う時の4つの大事なポイントとは?

2015-08-02_014005-5.jpg

一条美咲です。

LINEで女性をデートに誘う時に、どんな点に気を付ければいいのか知っていますか?

今回は、LINEでデートに誘う時の4つの大事なポイントを紹介します。これからLINEでデートに誘おうと思っている男性は注目です!

 

デートに誘いたい女性の行きたい場所・好きな物をリサーチする


LINEでコミュニケーションを取っていると、落としたい女性の行きたい場所や好きな物の情報が入ってくる場合もあると思います。そんな時には、落としたい女性の行きたい場所や好きな物の情報をきちんとチェックしておきましょう。

どうしてかと言うと、デートに誘う時にそれらの情報を抑えていた方が応じてくれやすくなる事が考えられるからです。例えば、中華を食べたいなと思っていた時にご馳走するから美味しい中華を食べに行かないと誘われたら、行こうかなと考えやすいと思います。

LINEでのコミュニケーションをする時には、そのような情報を見逃さない様にしたい所です。

 

デートに誘いたい女性の空いている日時をリサーチする


デートの場所だけではなくて、その日時に関しても大事になって来ます。こちらに関しても、事前にそれとなくリサーチを行っておきましょう。

例えば、落としたい女性が仕事が連日残業が続いて休日出勤もあるような状態の時にデートに誘っても、断られてしまう可能性が高いと思います。休日出勤がなくても残業が続くと、お休みの日ぐらいは家でゆっくりしていたいと言うケースも考えられます。

反対に比較的予定の空いている時だったら、デートに応じてくれやすくなるかも知れませんよね。このように落としたい女性がデートに行く余裕があるかもリサーチしておきましょう。

 

デートに誘う時には内容を具体的に提案する


例えば、「何処かに遊びに行きませんか?」と「来週の土曜日か日曜日に、一緒に水族館に遊びに行こう!」と言う2通りのデートの誘い方があったとします。この場合は後者の方が何時・何処に行くのかと言う事が具体的になっていますよね。

このように具体的になっていた方が落としたい女性側も考えやすいでしょう。よって、LINEでデートに誘う時にはその内容も具体的にするように心掛けましょう。

 

LINEでデートに断られても、悪い態度を見せない


残念ながらLINEでデートに誘ったけれど、落としたい女性に断られる場合もあるでしょう。落としたい女性にデートに断られたら、ガッカリすると思います。

ただ、それで落としたい女性に対して悪い態度を見せる事は避けましょう。LINE上でのコミュニケーションであっても、人から悪い態度を見せられるのは気持ちの良い物ではありませんね。

もし、デートを断られてしまっても期間を置いて、再度誘ってみると応じてくれるケースもあるのです。しかし、デートを断った事で罵倒してくるような人に、再びデートに誘われても応じてくれる事は考えにくいです。

LINEでデートに断られた時も悪い態度は見せない様に気を付けましょう。

 

まとめ


LINEでデートに誘うのは緊張すると言う男性もいるかも知れません。しかし、落としたい女性から積極的にアプローチをされていると言う状況でない限り、自分からデートに誘わなくては発展がしづらいでしょう。

緊張するのは分かりますが行動に移す事も大事だと思います。

一条美咲


ページ上部へ戻る