楽しみたい!でも男性がワンナイトラブで後悔をしてしまう時もある!

7115362543aea071819075486c05ea17-2.jpg

一条美咲です。

ワンナイトラブで後悔なんてしたくない!と思いながらも、ワンナイトラブの後に思わぬ後悔をする時もあるのです。

では男性がワンナイトラブで後悔をしてしまうのは、どういう時なのでしょうか。一緒に考えていきましょう。

虚しさを感じた時

ワンナイトラブを繰り返す男性がよく陥るのが、虚しくなるというものです。

虚しさを感じたくてワンナイトラブをするわけではないのですが、後から「なんで愛情も無いのにワンナイトラブなんでしたんだろう」と後悔をしてしまうのです。

そして虚しさが襲ってきて、自分のしたことがなんだかとても情けないように思えてくるでしょう。

本能のままに突っ走らなければ良かった…と思うのです。でもこの虚しさが後から来ると分かっていても、ワンナイトラブがやめられない男性は多いでしょう。

満たされていないと感じた時

ワンナイトラブの後に「満たされた」と感じられれば、ワンナイトラブの価値はかなりあったと言えるでしょう。

でも満たされていない…と思うのは、自分の中で何かが足りていない、そんなワンナイトラブだった可能性も。

こういうワンナイトラブの後には、しばらく恋愛から離れるか、満たされそうな相手とまたワンナイトラブをするかのどちらかになるのです。

愛情が何なのか分からなくなった時

自分からの愛情、相手からの愛情について深く考えた時、ワンナイトラブの後にどうしても分からない時があります。

本能や勢いだけでしてしまったワンナイトラブ。だからこそ、愛情がなくても当然な持ちもあるでしょう。

「愛情が少しでもなければできなかったのでは?」と自分を擁護したくなる気持ちもあるのです。

でもほとんどのワンナイトラブの愛情は、ただの一過性の場合が多いでしょう。

愛情があった!と心の底から言えないワンナイトラブをした時には、男性は、「愛情も無いのに、しなければ良かった…」と後悔をしてしまうのです。

人に言えないような気がした時

誰かにこの出来事を言ったら「ただの軽い男」だと思われると感じると、後悔の念が襲ってくるのです。

友達に対して「あの女、簡単に落とせたよ」ともしも言えたとして、友達が「すごいなーおまえ」と言ってくれても、全然すごくないんだけど…と思う気持ちになるのです。

人に胸を張って言えないことをしても本当に良いのかな…と自問自答をするような男性も案外多いでしょう。

まとめ

ワンナイトラブで後悔をする男性は、どこかにトラウマを抱えている場合もあるのです。

女性との真剣な恋愛が出来ない、でもこのままではいたくないという思いがあり、悩んでいるのかもしれません。

その悩みをどこかにぶつけたくて、ワンナイトラブをする可能性もあります。

だからといってワンナイトラブを繰り返していても、状況は良くなりません。

ワンナイトラブではなくて、長く続くようなそんな相手を見つけることが出来るように、少し意識をしてみると良いですね。


ページ上部へ戻る