webライターを副業として稼いでいる人の現状とは?

webライターを副業として稼いでいる人の現状とは-1

一条美咲です。

webライターという職業があります。これは副業としてでも出来る仕事ですが、本業としている人が多いのも現状。実際にwebライターで稼いでいる人がどのくらいの収入を得て、どのような働き方をしているのかについてお伝えしていきますので参考にしてみてください。

webライターとは

webライターはサイトに載せるための文章を執筆する仕事です。やりとりとしてはメールだけでも可能ですので、人づきあいが苦手な人でも仕事がしやすいでしょう。

空いている時間を使って出来る仕事のため、会社員や主婦など多くの人がwebライターを副業として稼いでいます。

文章を書くのが好きな人にはとても向いているものですが、例えば「このジャンルに詳しい」というだけでも、掘り下げて執筆すれば良い仕事をするのが可能に。

 

webライターの報酬について

webライターの報酬は、1文字の単価により変わってきます。0.2円~2円くらいの仕事が多いでしょう。例えば1000文字の仕事で、単価が0.5円の場合は500円が手元に入ることになります。

この単価をアップさせたいと願う人は多いですが、実績を積み数多くの案件をこなしていくことで、単価がアップ出来るかが決まって来るでしょう。例えばある程度有名なサイトに自分の記事が載るほど、実績として認めてもらいやすくなります。

更にSEO(Search Engine Optimizationで、検索エンジン最適化のこと)に対して詳しい人であれば、これも単価アップの交渉の時に役立つでしょう。SEOを意識した文章を書けるかどうかも、webライターをしていくうえでとても重要。

webライターを副業として稼いでいる人の現状とは-2

webライターの仕事の見つけ方

webライターの仕事を見つけるためには、クラウドソーシングを活用している人が多いです。様々なクラウドソーシングがありますが、ここに登録をして実績を積み優秀なワーカーだと発注者から思ってもらえれば、スカウトのメールが来るようになります。

案件探しが面倒だと思っていた人でも、スカウトのメールを見て受けるか受けないかを決められるようになるのです。ただ、この時にも実績を見せてテストライティングをするのがほとんどでしょう。

発注者としても、今までクラウドソーシングで実績を得てきたとはいえ、本当に書ける人かどうかを見る必要があるからです。テストライティングに合格すれば、継続的に仕事をもらうのも可能に。

 

コンテンツについての理解

何より必要なのは、どういう記事を発注者が求めているのかを把握することです。このテイストが把握出来ていないと、テストライティングで受からなかったり、一時的には採用されたりしても長期的な依頼をしてもらえないでしょう。

このため、SkypeやLINEやチャットワークなどで発注者とやりとりをする場合があります。発注者側から「Skypeで打ち合わせがしたい」と言われる時もありますが、自分から「詳細をお聞きしたいのでSkypeでお聞きしたいです」と言うケースも。

 

仮払いについて

クラウドソーシングの場合は、仮払いのシステムがありますが(契約後に発注者が仮払い→受注者が納品→発注者が検品後に合格ならプロジェクト完了に)この仮払いの後には、お互いにSkypeなどの情報を教え合っても良いという規約があります。

仮払い完了前に発注者と受注者が情報を教え合うと、直接契約の恐れがあると思われるためでしょう。クラウドソーシングは仲介手数料として、発注者の支払いの約2割(クラウドソーシングによっては1割)を収入として得ます。

これを頭に入れたうえで仕事を受ける必要があるでしょう。例えば2割をシステム手数料として引かれるクラウドソーシングを利用すると、1文字1円の1000文字案件でも、手元に入るのは800円ということになります。

 

webライターは儲かるの?

webライターを副業にしてうまくお金を稼ぐためには、いくつかのコツがあります。まずは自分自身の得意ジャンルを作ること。得意ジャンルが多いほど、仕事の幅が広がり応募者が多い案件でも、テストライティングを勝ち抜けるのです。

でも得意ジャンルが無いままでは、ネットで調べるだけになってしまい心を込めた文章、人の心に響く文章が書けません。オリジナリティに欠けてしまう可能性が高いでしょう。どのジャンルでもいいので、まずは自分にとって「これについては詳しい」と言えるジャンルを見つけましょう。

webライターは人気のある副業です。なぜならあまり苦労をしなくてもクラウドソーシングで仕事を簡単に見つけられるため。でもどんな仕事でもいいわけではないですよね。出来れば単価の高い仕事をしたい人が多いのです。

そのため、1文字1円以上の案件には応募者(ライバル)が多くなるでしょう。このライバルに勝つためには、最初は単価の低い案件を確実に仕上げて、実績を積んでいくことです。

タイピングが早くなり1000文字を30分かかっていた人でも、慣れてくれば2000文字を30分で書くのも十分可能に。早く仕上げながらも質を落とさない記事作成が出来れば、webライターとして多くのクライアント様(発注者、依頼者)を得られるのです。

出来高制ですから、やればやるだけお金が入るためスピードや知識が伴えば、稼ぎやすい副業と言えるでしょう。

webライターを副業として稼いでいる人の現状とは-3

まずは短文からチャレンジ!

ウェブライターの仕事の案件は文字数も様々です。500文字~1万文字くらいの幅があるでしょう。最初から文字数の多い案件を選ばずに、短い文章でも確実に内容を濃く出来るようにしましょう。

長い文章が書けたとしても、中身が薄いとあまり価値のない文章としてみなされます。逆に短い文章でも内容が濃ければ、文章力を評価されるでしょう。

短文の場合は入ってくるお金が最初は低いですが、ここで焦らずに500~1000文字くらいの短文から始めていくと、自分の文章の癖が理解出来て「文章を書く楽しさ」が分かってきます。自然にモチベーションアップにもつながるでしょう。

 

webライターはヤル気さえあれば誰でもなれる!

ライターと聞くと、とても難しいものと感じる場合も。でもwebライターの場合は、そんなに壁は高くないのです。文章力をアップさせながら副業が出来ますので、本業にも役立てることが可能でしょう。

副業をしてみようかな、でも投資はちょっと不安…と考える人でしたらまずはwebライターを始めてみましょう。コンテンツライターとして多くの仕事を得ていくうちに、いつの間にか本業になる場合も十分あるのです。


ページ上部へ戻る