彼女との別れ方で後を引かない上手な方法とは

彼女との別れ方で後を引かない上手な方法とは-1

一条美咲です。

彼女との別れ方で悩む男性は多いでしょう。もしもめたらややこしい、面倒だと思ったりすることも。ではどうすれば後を引かずに上手に別れられるのでしょうか。その方法についてお伝えしていきましょう。

お互いのためと伝える

自分のためだけとは言わずに、お互いの幸せのために…と伝えれば、彼女が納得してくれやすくなります。お互いのためと伝えるようにしてみましょう。自分の幸せのため…と言うと自分のことしか考えていないと思われてしまうでしょう。

そうならないように、お互いの幸せのために考えたんだけど…と切り出すようにすると良いですね。それが出来れば相手も、それなら仕方がないかもと納得をしてくれるでしょう。相手をm納得させる切り出し方が必要になります。

相手が納得出来ないような言い方をしてしまうと、イライラさせたり泣かせたりしてしまうことに。そうなると別れたくてもうまく別れられなくなってしまいます。

 

それまでに別れのサインを見せておく

昨日までラブラブにしておいていきなり今日別れを告げると、相手は心の準備が出来ていません。でも段々と距離を置いていくようにすれば、彼女も別れの予感を感じるでしょう。例えば連絡を少しずつ減らしていったり、返信をしないようにしてみたり。

そしてデートの回数を減らすようにして、段々と気持ちが離れているところを表現するようにしましょう。相手としても、避けられている…と思うとなんとなくこちらの気持ちが分かるものです。

それを分からないように仲良くしてしまうと、いきなりになってしまうので、どうしても彼女が別れを受け入れられなくなるのです。別れのサインを少しでも見せておくようにすることが必要に。

 

別れたい理由を明確にしておく

別れたい理由がちゃんとしていないと、別れ話でもめた時に困ってしまいます。なんとなく別れたいというような曖昧な理由では、別れ話でもめた時に、説明が出来なくなるでしょう。

別れたい理由としては「一緒にいて安らげない」とか「愛情を感じなくなった」のようなものでも良いでしょう。自分が彼女と別れたいと感じたきっかけがあったのなら、それを伝えても良いのです。

別れたい理由をきちんと伝えないと、相手が納得しない場合が多いですから、事前にちゃんと理由を明確にしておきましょう。もしかしたら理由を聞かれずに「別れたい」だけで理解してくれる場合もあるかもしれません。

それなら良いのですが、そんなに簡単にはいかないものです。やはりもめたり理由を聞かれたりするでしょう。ここでくちごもってしまっては、相手の押しに負けてしまうかもしれません。相手の押しにも負けないぐらいの強い気持ちで、はっきりした理由を伝えましょう。

 

本当に別れたいのかを考える

別れたいと思う気持ちが勢いだけの場合もあります。こういう勢いだけで別れてしまうと後悔をすることに。本当に別れたい思いがしっかりあるのかを、自問自答してみましょう。

もう二度と会えなくなっても大丈夫なのか、連絡をしない関係になっても平気なのかを自分の心に聞いてみましょう。自分の心に聞いてみて、やっぱり別れたい思いがあり、別れたい気持ちが揺るぎないものなら、ここで別れるようにしても良いでしょう。

でも心の中で迷いがあり、相手がこれさえ直してくれれば…と思うところがあるのなら、話し合う必要があります。相手としては「直すようにする!」と言うかもしれないのです。それなら分かれなくても済むことになりますので、よく自分の心に聞いてみるようにしましょう。

彼女との別れ方で後を引かない上手な方法とは-2

別れた後のことを想像してみる

別れた後のことを考えると、すっきりしてとても楽だと思うのなら、別れた方が良いでしょう。でも別れた後は辛くてしばらく落ち込みそう…と思うのなら、まだ自分の気持ちに納得がいっていないことになります。

自分自身が彼女を失っても全然平気と思えるのなら、安心して別れられるでしょう。でも想像をしてみた時に、かなり辛いと思うようなら何か別れたくない理由がある場合があります。こういう時には、もう一度考えてみる必要があるでしょう。

でも気持ちはまだ残るけれど、それでも別れると決めたという時もあります。例えば彼女の浮気が原因のような場合は、それを許せない自分がいるので別れるしかないのです。こういう時には、心が残っていても仕方がないことになるでしょう。

 

まとめ

彼女との別れ方で、後を引かないものについてお伝えしてきました。自分にとって大切にしてきた彼女との別れですから、辛さを少しは感じるはずです。でも例えば彼女と別れると辛いから、先に次の彼女を探しておくようなことは、出来ればやめておきましょう。

本当に好きな人と付き合えない可能性があります。相手の女性にも失礼になってしまうでしょう。自分の中で心の整理がしっかり出来てから、次の恋に向かった方が長続きする恋愛をすることが出来るでしょう。


ページ上部へ戻る