ビジネスで生かせる心理テクニックとは?

ビジネスで生かせる心理テクニックとは?-1

一条美咲です。

ビジネスで生かせる心理は、人間関係を築く上で基本となります。人に好感を与えると仕事は自然とスムーズに進みますよね。嫌いな人とペアになって仕事をするよりも、意気投合できる人のほうが、作業効率も高くなります。

ではビジネスで生かす心理テクニックは、どんな点を意識すると良いのでしょうか。頑張って仕事をしても評価されない時や、職場の人とうまくいかない時もあります。でもちょっとした心理行動が状況を改善するきっかけに。ではビジネスに生かす心理テクニックについて見ていきたいと思います。 

返報性の原理を生かす 

返報性の原理と聞くとちょっと複雑ですが、このビジネス心理は相手に少しの好意を見せることで、相手がその倍お返しをしてくれるという方法です。

例えば商売がうまくいっていない会社にわずかなお金を貸したとしましょう。するとそんな好意的な行為に感謝して、相手がお返しをしてくれるのです。これは人間関係をスムーズにする為にとても効果的な方法で、相手から好感を得るためには、まず自分からアプローチをする必要があるでしょう。

誕生日プレゼントなどちょっとしたタイミングを活用すると、特別感が出る為もっと相手が感謝したくなるもの。人の好意はそのまま受け取らずに、お返しが来ることを期待する心理を知っておきましょう。

 

質問の仕方で相手の心を引き出す 

ビジネスで生かす心理には、会話のなかでの質問方法にポイントがあります。相手の性格や本音がわからない時、どうやってそれを引きだすと良いか、その解決になるのが「オープンクエスチョン」と呼ばれる方法です。

たとえば答えが限られる質問方法でなく、「どう思いますか?」というような曖昧な質問をすることで、相手に答え方の幅を広げることができます。するとなかなかわからない相手の心の内が見えてくる可能性があるのです。

逆に答えがイエスかノーのように断定させる場合の「クローズクエスチョン」は、相手の意見に確信を持ちたい場合に利用します。このような心理的に効果がある質問方法を取り入れると、得意先でも便利です。

 

話すよりも聞くことを意識する

話をする人よりもいつも聞いてくれる人に対して、私たちは心を開きやすい特徴があります。ある学者の研究によると、相手に話をさせる時間が長いほど好きになってくれる傾向があることがわかっています。これはビジネス心理でも同様で、成績のよいセールスマンほど、相手に話しをさせているともいわれています。

自分が会話をリードしてしまうのは、ある意味自分勝手な行動ですよね。ビジネスで成功するためには、結果を引き出す為に人間関係を円滑にすることが必要です。

そのためにも好感を持ってもらえるように、相手の聞き役になることを意識してみましょう。話を聞いてくる人は自分に興味を持っていると思うはず。そんな特別な存在に見える人とは接近しやすいのです。

 

何度も相手に接触すること 

スーパーの広告やネットの宣伝など、何度も目にする同じ商品は必然的に記憶に残りやすいですよね。それはビジネスの心理でも、とても重要なことのひとつ。商談を決めたい時に一度だけ話をしても相手の印象に残りません。それよりも何度も足を運び、相手の意識の中に入り込むことで自分の存在を認めてもらえるのです。

何度も接触をするためには、会う回数を増やしたり、電話やメールで自分からアプローチしたりしましょう。恋愛においても同じことが言えます。気になる相手には積極的なアプローチをすれば、心を動かすきっかけになるでしょう。

そんな心理を生かすことで、ビジネスで成功しやすくなるのです。相手の立場になり、やってほしい言動を頭に入れておきましょう。

ビジネスで生かせる心理テクニックとは?-2

共通点を生かして接近する 

職場の世界で人間関係を築くのは大変複雑ですよね。仕事の成績や上下関係など特別な環境の中でうまくやっていくには、まず基本となる人付き合いが必要。

ビジネスでは違う年齢や育った背景などがそれぞれ違うため、初めて会った人と打ち解けるのは簡単ではありません。そこでビジネスの心理で活用したポイントが、相手と共通点を多く見つけることになるのです。

親しみがわく人とは、仕事もスムーズにできるメリットがあります。共通点を持つと仲間意識ができる為、協力体制が作りやすいのです。近づきたい人とは、色々な話をしましょう。趣味や好きな食べものなど、どんなジャンルでも共通点があると、意外な場面で利点になることに。

 

まとめ

ビジネスで生かせる心理テクニックは、相手に自分をよく見せる為にぜひ知っておきたい方法です。自分にとってメリットになるような人間関係は、ビジネスシーンだけでなく普段の生活でも生かすことができます。

大切なのはいつも相手を思いやる気持ちです。ビジネスはあくまでも成績だけが重視されがちですが、成功するためには人間としての魅力がないと信頼関係が築けません。一緒に仕事をしたくなるような素敵なビジネスマンを目指して、心理テクニックをうまく活用しましょう。


ページ上部へ戻る