理想の彼氏の条件とは?ココを抑えて彼女に喜ばれる彼氏になろう!

理想の彼氏の条件とは?ココを抑えて彼女に喜ばれる彼氏になろう!-1

一条美咲です。

彼女にとって、理想の彼氏になれたら最高ですよね。今まで彼女が付き合ってきた男性の中で、一番の存在でありたいと望むものです。しかし、直接彼女に自分自身のことを聞いてみたくても、本心を知るのがちょっと怖いですよね。

最高の彼氏になるには、やはり彼女の求めているイメージの彼氏に近づきたいものです。女性は、王子様のような彼氏を、いくつになっても求め続けているのでしょうか。今回は、彼女が自慢したくなるくらいの、理想の彼氏の条件を探っていきましょう。

記念日を忘れないのが理想の彼氏の条件

彼女が自慢したくなる彼氏といえば、2人の記念日を忘れずに覚えていてくれるところかもしれません。彼女の誕生日はもちろんですが、2人が付き合った記念日などを、言わなくても覚えていてくれる彼氏でいてくれたら、彼女の最高な笑顔がみられるかもしれません。

彼女が記念日を忘れていても、男性から責めるということはほとんどありませんが、反対の立場になると怖くて、女性の反応は見たくないというのが男の本音ですよね。スマホや手帳のカレンダーに入力して、必ず忘れないよう工夫しておきましょう。

 

意外と男らしい・・・見た目とのギャップ

女性にドキッとする彼氏の瞬間を聞いてみると、男らしいと感じるしぐさや行動だと言います。見た目は細くて頼りなさそうな雰囲気でも、実は半袖になると細マッチョな上腕二頭筋だった!というような見た目のギャップも素敵ですよね。

会っている間は、いつも男らしくしてもらいたいと思うのが女性の本音ですが、毎回同じように男らしい姿を見せても、見慣れてしまうことがあります。新鮮さも大事ですので、たまに男らしさを態度で示すというのも魅力的に映るでしょう。

 

一途な気持ちで思い続けるところ

理想の彼氏の条件といえば、浮気をしないで一途に想ってくれるところではないでしょうか。イケメンで女性もたくさん寄ってくるのに、周りを見向きもしないで彼女のことだけを想ってくれる男性が彼氏だったら、どんなに幸せなんだろうと思いますよね。

彼氏に思われ続けていると、重いと感じる女性もいますが、一途に想われているからこそ強気に言えることであって、絶対的な安心感が生まれている証でもあります。束縛しすぎるのでなく、一途に想ってあげる気持ちが、彼女を胸キュンさせ続けるコツなのかもしれません。ツンデレを上手く使い分けて、彼女のハートを掴んでいきます。

理想の彼氏の条件とは?ココを抑えて彼女に喜ばれる彼氏になろう!-2

感謝の言葉を言葉で伝える

彼氏から「ありがとう」や「ごめんね」を言われると、思わず照れてしまうという女性が多いことをご存知でしょうか。当たり前の言葉なのですがこの2つの言葉は、男性がなかなか言葉に出しにくいものでもありますよね。自分の感情を表に出すことが苦手な男性は、態度で示そうとする傾向があるので、言葉が後回しになってしまうことも・・・。

心の中ではわかっているけれど、言わなくても伝わっているだろうと思ってしまう男性に対し、言ってくれなければわからないという女性の違いは、理解し難い問題かもしれません。言わなくても理解してほしいという男としての立場もわかりますが、彼女としてはちゃんと言葉で表現してほしいものですよね。女性目線で喜びそうなことを、彼氏として言葉でも表現してあげることで、理想の彼氏の条件に近づくことが出来るでしょう。

 

将来のために貯蓄をする堅実さ

結婚適齢期に近づいてくると、少しずつ将来のことも考えるようになりますよね。結婚するためには貯蓄も必要になっていきます。女性は、男性よりも将来のことを現実的に考えて行動することがありますよね。そのため、理想の彼氏の条件として、貯蓄している男性を第一条件に考えている女性も多いのです。

結婚なんてまだまだ・・・なんて思っていると、将来に向けての未来予想図も描けないまま、時間だけが過ぎてしまいますよね。これでは先を見込めないと彼女も考えて、あなたの元から去ってしまう可能性も・・・。彼女が言葉に出さなくても、彼氏の収入や貯蓄額は意外と気になるものです。貯蓄ができるようになると、心の余裕も自信もついてくるので、男として彼女との結婚も前向きに考えられるかもしれません。

 

まとめ

理想の彼氏の条件に、自分があてはまるのかがわからないというときは、見た目も中身も女性が喜ぶ男性を目指すところからスタートしませんか。女性が求めている理想と、男性が目指している理想の彼氏は、若干違いがみられますよね。しかし、共通して言えることは、彼女を一番に想う気持ちと包容力なのかもしれません。

お互いが理想の彼氏と彼女になるためには、相手を思いやることが大切です。彼女を自慢するときに、彼女のどんなところが好きなのかを改めて考えると、あなたが目指す彼氏のイメージが掴めることができるはずです。彼女が胸キュンして、もっと好きになってくれるような理想の彼氏を目指して、ちょっとした気遣いから変化していきましょう。


ページ上部へ戻る