初デートで気をつけることって何?絶対失敗しないために抑えておくべき5つのポイント

初デートで気をつけることって何?絶対失敗しないために抑えておくべき5つのポイント-1

一条美咲です。

初デートって緊張しますよね!何を着ていけばいいのか、どんな会話や振る舞いをすればいいのか…考えれば考えるほど楽しみになり、それと同じくらいに胃が痛くなるのも事実だと思います。初デートは改めて自分をアピールし、魅力を見てもらえるポイントです。だからこそそれに失敗してしまえば距離が開いてしまう可能性や、もしくは幻滅され、初デートが失恋記念となってしまう場合もあるでしょう。

今回はそうならないためにも、初デートで気を付けるべきポイントについて5つのことを紹介していきます。初デートを成功させるためにも、そして少しでも距離を縮めていくためにも、初デートで絶対失敗しないために抑えておくべき5つのポイントについて見ていきましょう。 

 身だしなみはしっかりと整える

初デートで失敗してしまう原因ナンバーワンと言っても過言ではないのが、身だしなみです。初デートだからこそ身だしなみには注意する人が多いと思いますが、恋愛経験が少ない人や気合を入れすぎるのが照れくさいという理由から手抜きをしてしまう人は、身だしなみが原因で初デートが失敗してしまうことがよくあるので注意が必要なのです。

身だしなみと言っても、モデルや俳優並にお洒落になる必要はありません。不潔感は一切感じさせないように注意をし、個性的すぎず、ダサすぎない、そんな服装を選んでいきましょう。服にシワがあるのも不潔感が出てしまうので気を付けると◎。

しかし女性と初めてデートをするという男性の場合は、どんな服装を着ればいいのかわからないと思います。そんな場合には服屋へと足を運び、勇気を出して店員さんに相談をしてみるか、マネキンが着ているコーディネートをそのまま真似してみると良いでしょう。雑誌などを参考にしてみるのもオススメですよ。

 

下心を出しすぎない

好きな女性と初デートとなると、やはり色々な下心や期待を抱いてしまう人が大半だと思います。好きな女性とデートならば下心を持たないほうがおかしいとも言えますし、下心があるからこそデートをしているとも言えますよね。

しかし初デートでは出来るだけ下心は隠すようにしましょう。女性は男性が思っている以上に下心に敏感であり、身体目当てなのかもしれない、いい加減なのかもしれないと警戒されてしまう恐れがあります。

初デートはお互いにとって、この人がどんな人なのか、どんな振る舞いをするのかという観察の場でもあるのです。そんな中で下心を出してしまえば、下心丸出しという印象が刻まれてしまい幻滅されてしまう可能性も十分にあるので、絶対に避けたいですよね。

かといって初デートで何も進展ないというのも勿体無いので、手を繋ぐくらいの目標を立てて初デートに挑んでみると、女性も無駄に警戒せずに、距離を縮めることが出来ると思います。

 

食事場所は女性の服装を見て判断する

初デートをするにあたって悩みの種となるのが食事場所だと思います。予め食事場所が決まっているデートならば問題ありませんが、特に決まっていない場合にはどこに女性を連れて行くのか、とても迷うことになりますよね。

この時まずは女性の要望を聞くか、必ずハズさないという自信があるのであれば自分のオススメのお店へとエスコートしてあげると◎。しかしこの時絶対に注意をしたいのが女性の服装です。女性の服装が白を貴重としているのであれば、服装が汚れる可能性がある麺類などは避けたほうがいいですよね。パスタも女性人気があるので選びがちですが、ミートソースなどで汚してしまう可能性もあるので、NGとなる場合もあるのです。

食事場所は希望を聞きつつ、その間に女性の服装からNGな場所を考えるようにしましょう。

初デートで気をつけることって何?絶対失敗しないために抑えておくべき5つのポイント-2

歩くスピードは女性に合わせて

初デートは緊張してしまうものですよね。好きな女性の初デートは終始緊張してしまいますし、二人で一緒に歩いているときは妙に照れくさくなってしまい、つい早足になってしまう男性も少なくないと思います。しかしこれはデートではNG。特に初デートではアウトとなることがあるので、緊張して我を忘れないように気をつけましょう。

何故歩く速度がアウトになるかというと、女性は男性と比べれば歩幅が狭く、ただでさえ男性よりも遅く歩く可能性があるのですそんな中で男性が早足で歩いてしまえば、当然距離が出てしまい、女性に無理を強いることになりますよね。

また、女性の靴にも注目してみてください。女性は初デートのために、きっと素敵な靴を履いてきているでしょう。その靴がヒールのある靴だったら、ヒールのある靴を履いたことがない男性でも「歩きにくそう」というのは容易に想像が出来ますよね。

基本的にデートをしている女性は歩くのが遅い、ということを忘れないようにして、出来る限り歩くスピードを女性に合わせてあげましょう。

 

 話題を予め用意しておく

初デートで最も恐れていることというのが、話題がなく沈黙してしまうというものですよね。沈黙が続けばデートは気まずい雰囲気が流れてしまい、楽しくないものとなってしまうでしょう。お互い緊張が伝わっていたとしても、やはり気まずさが勝ってしまい、自信喪失をしてしまうものです。

そうならないためにも、予め話題はいくつか用意しておきましょう。この時注意をしたいのが、自分の自慢話や武勇伝ばかりにならないようにするということです。女性は男性の武勇伝のような見栄には敏感であり、それを聞けば一気に「子供っぽい」という印象を持ってしまうのです。男性はかっこよく見せたいが故に武勇伝を語りがちになってしまいますが、話したとしても、話題がそれだけに偏らないように注意をしていきましょう。

話題は世間話や最近の面白かった話でも良いですし、共通の趣味などがある場合にはそういったものを用意しておくと◎。沈黙せずに会話も弾み、終始良い雰囲気で初デートを楽しめると思いますよ。

 

 まとめ

初デートでは気を付けるポイントがたくさんあります。初デートはいわば試される場であり、その場での失敗は今後に大きく響いてしまいます。

特に男性は、女性と男性は身体の作りが違うということを知っておかなければなりません。歩幅に関しても体力に関しても、長時間歩くような初デートでは女性はあっという間に疲れてしまいます。初デートでは女性に出来るだけ無理をさせないように、常に気を配る姿勢で挑んでいきましょう。

たとえ不慣れな気遣いでも、その優しさは必ず女性に魅力として伝わっていくものです。自分はデート経験がないから、恋愛が得意ではないから…そう思うと自信喪失してしまうものですよね。しかし、それでも少しでも相手に寄り添って考えればそれは必ず恋愛を成功に導くものになっていくのです!今回紹介したことを参考にして、素敵な初デートをお楽しみくださいね。


ページ上部へ戻る