肉体改造を成功させる体脂肪を減らす方法とは

肉体改造を成功させる体脂肪を減らす方法とは-2

一条美咲です。

アスリートやモデルさんみたいな引き締まったボディを手に入れるには、まずは余分な体脂肪を落とすこと。そのために毎日色々な努力をしている方は多いですよね。

筋トレ、ジョギング、食事制限などあらゆるダイエット方法がありますが、体脂肪を落とす為には、ターゲットを決めて毎日努力することが大切です。

肉体改造をして女性に注目されたい。海で引き締まった体を自慢したい。色々な願いがあることでしょう。なによりも体脂肪がつきすぎるのは健康上にも良くありません。そこで体型が気になる人必見の、健康的に体脂肪を減らす方法を早速見ていきましょう。

体脂肪を燃焼する筋トレのポイント 

体脂肪を減らすには筋トレが欠かせません。お腹のたるみや二の腕のたるみなど年齢とともにどんどん目立っていきますよね。体脂肪はそもそも内臓脂肪と皮下脂肪があり、エネルギー減として燃焼されるのが内臓脂肪。お腹のたるみに到着するのは簡単ではありません。

そこで筋トレが必要なのです。筋トレをすると疲労物質の乳酸が溜まり、脳から成長ホルモンが多く分泌されます。このホルモンは体脂肪を分解するためダイエットにはとても効果的。

筋トレのなかでもダンベルなど付加をつけた運動を10回程度、3セットほど繰り返してみましょう。成長ホルモンはちなみに睡眠中にも多く分泌されますので、睡眠不足も解消しましょう。

 

有酸素運動と交互にエクササイズする 

体脂肪を減らすには筋トレばかりを意識せず、有酸素運動と交互に行うことが効果的です。このときのコツは筋トレを最初にはじめること。筋肉を使うと成長ホルモンが活発になりますので、次に有酸素運動をすると脂肪燃焼率が高くなります。

有酸素運動から始めると糖質がメインで燃焼されるため、その後に筋トレを行うと体の負担になる可能性がありますよ。毎日少しの時間でも良いので、筋トレと有酸素運動を行いましょう。

体の中では糖質がまずエネルギー源として燃焼されます。糖質摂取量を控えれば燃焼するものがなく脂肪を使ってエネルギー源となる仕組みになっています。このように運動の効果も理解しておくとさらにモチベーションがあがりますね。

 

体脂肪燃焼する食生活 

体脂肪を減らす為には脂肪摂取量を控えることが大切です。油っぽい食べ物だけでなく、男性が注意したいのは炭水化物。ごはんやパンなどは糖質が多く脂質として分解されてしまいます。

そこで体脂肪を今よりも増やさない為に、脂質と糖質の摂取量を注意しましょう。また食べ方を変えるだけでも血糖値の上昇が防げるため、脂質などの吸収が緩やかになりますよ。

空腹状態の場合はまず水分や野菜から。最後にメインや炭水化物を食べましょう。また体脂肪を減らすには質のよいたんぱく質がオススメ。豆類や脂肪の少ない肉類を食べて、脂肪をエネルギーとしてどんどん燃焼させましょう。肉体改造のためには基本的にバランスよく栄養摂取することが大切です。

肉体改造を成功させる体脂肪を減らす方法とは-1

体脂肪を減らす入浴方法 

体脂肪を減らす為には体内の老廃物を排出することが大切。そこで入浴方法も見なしてみましょう。忙しい時はシャワーだけで済ませてしまう方も多いですよね。お風呂は血行の循環を改善し、発汗作用を高めるため代謝アップにとても効果的。

オススメは粗塩を入れた半身浴。ぬるめのお湯にひとつかみの塩を入れて入浴しましょう。塩の成分マグネシウムには血行改善効果が高く、デトックスにもなりますよ。汗とともに体内に溜まった老廃物が出ていくと肌にも大変効果がありますよ。

汗がたくさん出ますので、入浴後は必ず水分補給を忘れずに。お風呂でゆっくりリラックスするとストレス解消になり、ホルモンの働きも安定します。

 

運動中の水分補給のコツ 

体脂肪を減らす為には水分補給の方法も大切なポイント。運動中はナトリウムなどが入ったスポーツ飲料の方が良いイメージがありますが、運動直前や運動中の場合は水の方が水分補給として適しています。

スポーツ飲料は糖分を含んだタイプも多いため、カロリー制限するためにもミネラルウォーターを飲みましょう。大人の1日必要な水分量は2?。運動をするとさらに水分補給が必要になります。食前にコップ1杯の水を飲み、満腹感を出すのもよい方法の一つ。

また運動直前のコーヒーもカフェインの働きにより、脂肪燃焼を促進するといわれています。体脂肪を減らす為には、タイミングに合わせて上手な水分補給を行いましょう。

 

まとめ

体脂肪を減らす方法は運動、食生活、睡眠など一日規則正しいリズムを作ることが大切ですね。お腹についた余分な脂肪を落とすにはすぐに効果がある方法はありません。毎日コツコツ努力しながら、日頃から太らない体質作りを習慣にしましょう。

20代の男性は30代よりも代謝量が多いため、食事でカロリーを過剰摂取しても燃焼できることが特徴です。しかし体脂肪は自分の運動量と比較しながら食事の摂取カロリーを調整することも重要ですよ。

ウォーキングを30分間しても燃焼できるのは炭酸飲料1本分程度。後で辛い運動が待っていることを考えたら口に入れるものも気になりますね。


ページ上部へ戻る