元カノに連絡したい!復縁ポイントとは?

元カノに連絡したい!復縁ポイントとは?-1

一条美咲です。

元カノに連絡をしたいと思う気持ちは未練からくるものです。復縁することができればと思って連絡をしてしまうのも分かります。しかし、無駄に連絡を元カノにしてしまうことによって、嫌な思いをさせてしまっているかもしれません。

そうならないためにも、知っておきたい元カノに自然に連絡をとる方法と復縁のポイントを紹介していきましょう。 

なぜ、元カノに連絡したいのか?

貴方はなぜ今、「元カノに連絡したい!」と思っているのでしょう。そこがとても大切になってきますよね。理由も色々あると思います。

「友達になりたい」「自分の過去の過ちを正したところを見て欲しい」「もう一度やり直したい」様々です。

女性は、逆に元カレに連絡をとる一番の理由が「復縁したい」、しかしその次は「興味本位」といわれています。女性の方がかなりあっさりとしているのがわかりますね。

男性でも二極化すると思いますが、どういった関係を望んで連絡するのかというのは、大変大切なことです。復縁したいのであれば慎重に元カノの現状を知り、連絡もタイミングが大事になってきます。

一番大切なのは、自分の気持ちは整理されているのかということです。自分が元カノにいざ連絡をして、言いたいこともわからないようでは意味がありません。グダグダになってしまいますよね。そのためにもう一度自分の心に問いかけてみましょう。「なぜ、元カノに連絡をしたいのか。」

 

元カノが敬遠するような連絡をしない

相手の気持ちを考えれば当たり前なのですが、元カノにも今の状況というものがあります。もう昔の彼女ではありません。むやみに連絡をして、「会いたい!」と伝えたところで、元カノの気持ちは貴方からどんどん離れていってしまうでしょう。

会いたい気持ちはわかりますが、元カノの気持ちを最優先にしてみてはどうでしょうか。「連絡ができなかった。」「連絡をずっとしたかった。」これは貴方の都合です。

元カノは連絡を待っているわけでもないかもしれないですよね。もしかしたら新しい彼氏がいるかもしれません。そういう時に無理矢理会おうとするのは逆効果です。

しかし、元カノが「連絡してほしい」「会いたい」と思っているときもあるはずです。そういうシチュエーションをできるだけ見極めることで、ベストなタイミングで連絡ができ、会うことができることで、復縁に繋がるのではないでしょうか。

 

元カノに連絡する大義名分があるか

元カノとはいえ、今は赤の他人です。女性の立場になって考えてみましょう。「いきなり職場などの近くで待っている。」などのラインやメールが来たら、怖くて仕方ないですよね。では、どのようにするのが元カノと自然に連絡をとれる手段なのでしょうか。

今はSNSが主流になっています。共通の知り合いなどと連絡を取り合い、外堀から攻めていくのもありでしょう。連絡先を聞き元カノに連絡をしてもいいですし、友人伝いに連絡をするだけでワンクッション入るので印象も柔らかくなります。

連絡先を掴めた、もしくは変わって無かったとしましょう。そこで試してほしいのが、貴方の番号やアドレス、ラインIDなどをブロックしていないかということです。もしブロックしていたら彼女は貴方のことを、過去のことと割り切って今を生きている証拠です。諦めましょう。

しかし、まだ拒否されていないのであれば脈アリとも考えることができます。友人の話や、職場の話など、みんなで集まる席があればそれは大義名分になります。堂々と連絡をしてもいいでしょう。話が弾めば、また少しずつ距離を縮めるチャンスになります。

元カノに連絡したい!復縁ポイントとは?-2

連絡する内容は日中に作成する

ラインやメールなどで元カノに連絡ができるとなると、夜中やお酒を飲みながらメール内容を作ってしまうことがあります。感情が高ぶってしまい、テンションが上って、冷静な文にならないことが多いので要注意です。

まるでどこかの歌詞なのでは?と思うような熱いメッセージにならないためにも、比較的冷静な判断力のある日中にあらかじめ下書きをしておくといいでしょう。初めのメッセージならなおさらですね。

また、長文は全体的に重たい印象を与えます。できるだけ完結にしましょう。長文にありがちなのが、自分の話ばかりということです。

元カノと継続的に連絡を取りたいのであれば、少しのラリーを想定して短すぎなく、少し質問の入った内容にしましょう。いきなり込み入った内容を聞くのもNGですね。

 

元カノと復縁をしたいならポジティブメール

元カノに復縁目的で連絡をしたいのであれば、ポジティブな自分を全面に出しましょう。なぜなら、元カノに「なんで別れてしまったのだろう」「もったいないことをした」「また連絡来ないかな」などと思わせる必要があるからです。

「なんでも相談したらいいよ。」「君の言っていることは間違ってないよ。」「やっぱり君にはなんでも話せてしまう。」など、元カノが自分にとって大切な人であり、元カノにも貴方が必要なのだと思って貰うことが大切です。

貴方の一方通行ではなく、元カノの心を少しずつこちらに向かせるようなポジティブメールを心掛けるだけで、元カノから連絡がくるかもしれません。そうなれば、復縁も夢ではありません。

 

まとめ

元カノと連絡を取りたいと思う方は少なくないでしょう。しかし、それを実行する勇気が足りないだけなのかもしれません。保守的になって傷つきたくないだけなのかもしれません。でも、傷ついてもいいと思える人が幸せになれるのではないでしょうか。勇気を持って元カノに連絡してみましょう。


ページ上部へ戻る